生きる糧!生活に必要な収入の稼ぎ方

生きる糧!生活に必要な収入の稼ぎ方

収入の増減は生活に直結します

両親との同居、一人暮らし、結婚生活など、どのような生活形態であるにしろ、生活を続けていく為には収入が必要不可欠です。
収入があるからこそ、そこから食費や日用生活品費、あるいは税金など、様々な生活する為に必要な費用を支払う事が出来ます。

ただ、収入といってもそれを得る方法は1つではありません。企業に就職して企業で働き給料として得る収入も収入の1つですし、自分で事業を起こして利益を出せば、それは全て自分の収入になります。
また、年金も収入になりますし、アパートなど人に不動産を貸して不動産経営から得る金銭も収入となります。
就職先に困った場合には一時的に行政が助けてくれるシステムとして、生活保護という形で収入を得ることも出来ます。
どのような形態をとっていても収入となるのです。
収入を得ている以上は得た金額に応じて税金を支払う必要があります。
税金を支払う事で国や地方自治体が潤い、私たちへと還元される仕組みになっているからです。

また、最近増えてきているのが、主婦の副業収入です。
これは、もともと「生活費の足しになれば」と考えて、主婦層が在宅ワーク等を初めて月に1〜2万円程度の収入を得ていたのですが、インターネットが普及したことによって、在宅ワークの種類も増え、世帯の総収入の中でも、主婦が副業として得た収入の割合が年々増加してきています。
これはまさに働き方の多様化を表しています。
パートやフルタイム勤務など、外に出ていかなければ収入が得られない時代から、家にいて子育てをしながらでも収入が得られる時代へと変化してきていると言えます。